クラブやカラオケのフードメニューはほとんどがレトルトで、時間や手間がかからない分味は期待できないことが多いです。
クラブでは踊ること、カラオケでは歌うことが目的でお店に行っているのだから味にはこだわらない人もいますが、同じ金額を支払うのなら美味しい料理を食べたいと思いませんか。
行きつけのクラブで、料理が激的に美味しくなっていたら嬉しいのにと思うのは私だけでしょうか。
料理が美味しくなれば、お客さんも増えてお店の利益につながること間違いなしです。

フードコンサルタントが監修したらしい

行きつけのクラブのフードメニューはどこにでもあるようなありきたりな物です。
味も普通で目立ったところもなく、いかにもレトルトを温めただけの料理です。
ところが、ある日突然にフードメニューが豊富になり、味も美味しくなったのです。
理由はフードコンサルタントがお店の料理を監修したからです。
フードコンサルタントはフードメニューを増やしたり、美味しい料理が提供できるようにアドバイスをしてくれます。
他にも内装などの店舗設計や従業員の接客指導もしてくれます。
フードコンサルタントが監修するだけで、料理が美味しくなりお客さんが増えてお店の収益が向上します。
誰だって同じ金額を支払うなら、料理が豊富で美味しいクラブに行きたいと思うのは当たり前です。
フードコンサルタントに監修してもらうための費用は助成金で賄うことができますし、お店にとってマイナスになるようなことはないのです。
こんなに美味しいフードメニューがあるなら、毎日でも行きたくなってしまいます。

お腹いっぱいで踊れなくなっちゃう

美味しいフードメニューの誘惑に負けて、ついつい食べ過ぎた経験は皆さんお持ちでしょうか。
食べ放題に行って食べ過ぎたなら納得できるのですが、行きつけのクラブでは食べ過ぎに注意してください。
お腹がいっぱいで苦しくて踊れなくなってしまいます。何しにクラブに来ているのか分からなくなってしまいます。
でも、料理を楽しめるクラブなんてなかなか無いので、周りの皆にも教えてあげたくなります。
それぐらい、クラブのフードメニューは最悪な料理が多かったということです。
逆に、料理が美味しいクラブというだけで宣伝効果があり、口コミでもお客さんが増える予感がします。
お客さんが増えると、お店が狭く感じて居づらくなってしまうのではと心配になります。
従業員もお客さんが増えれば忙しくなって大変です。
そうなれば、助成金を利用して事業を拡大してもらえば解決です。
新店舗を出店したり、従業員を増やしたりすればさらにお店の収益は向上します。
でも、本当に踊れないぐらいに食べ過ぎるのは注意してください。

レストランドクターJさんHP
飲食・フードコンサルティングが飲食店,カフェ,レストランの開業、再生リニューアル支援。