最近壁面収納が流行っていますよね。
テレビや雑誌などでも取り上げられていて、中にはDIYで自分で作ってしまう人もいるようです。
壁面収納を使えば壁一面が全部収納になって、このような特集を見るととても便利そうに見えます。
先日偶然友人の家に遊びに行ったときに、見事な壁面収納があり、とてもあこがれを持ちました。友人にうらやましいと話したところ、それが友人の手作りであることが分かり、話しの流れで何と壁面収納で本棚を作ってもらえることになったんです。

そもそもあまり本は持ってないし・・・

友人が「壁面収納の本棚を作ってあげようか?」と聞くので、私は何も考えることなくうれしさのあまりすぐにお願いしてしまいました。
友人に材料やデザインなどはすべてお任せして、作業を行う日時を決めて自宅に帰ったのですが、自宅に帰ってからようやく冷静になりました。
壁面収納を作ってもらえるということでとてもうれしかったのですが、そもそも私はあまり本を持っていません。
最近はインターネットで雑誌や漫画も読めるので、ほとんど本は持っていないのです。
作りつけてもらうのでもちろん動かすこともできないし、今さらどうしようかなと悩んでしまいました。
とても悩んでもう一度友人と相談してやめてもらおうかとも考えましたが、やはり壁面収納にあこがれがあったので、本の代わりに何か置けばかわいいインテリアになると思い、そのままお願いすることにしました。
そして本棚を作ってもらうその日になり、友人が大量の材料を抱えてやってきました。

適当に雑貨でも置こうかな

友人は丸1日かかって、見事な壁面収納の本棚を作ってくれました。
とても立派で手作りとは思えないものです。友人と私は趣味が似ているので、本当に私の好みに合うものを作ってくれたので、本当に感謝しています。
友人が帰ってから早速壁面収納に何かを置いてみようと思ったのですが、やはり本もありません。
そのため適当に雑貨でもをこうかなと思い、家中にある雑貨をたくさん集めてきました。
扉がないものを作ってもらったのですが、並べ方によってはごちゃごちゃした印象を与えてしまうので、置き方はとても難しかったです。
しかし扉があるものだと圧迫感が出てしまうので、私には扉がないものを作ってもらえてよかったと思っています。
このように立派な壁面収納があると、外出先でもかわいい小物や置き物があると並べたいと思ってついつい購入してしまいます。
捨ててもいいようなものまでため込んでしまいがちになるので、これから買うものはよく考えて買わなければならないと思います。