トイレの種類として多いタイプの場合では、便器の背面にトイレタンクが設置されているものを使っている住宅が多い傾向にあります。
このタイプのトイレの場合では、ある日突然にトイレタンクから水漏れが起きてしまうことも多く、壊れてしまったと感じた場合では、トイレ修理を依頼することが賢明です。
いくつかの原因や修理方法に分かれているので、ある程度はその内容を把握して修理を行うことや、専門業者に依頼を行う方法で、多くのケースで問題なく解決させることができます。

水漏れの原因

トイレタンクからの水漏れの原因は多く、給水管の継ぎ目部分から起きてしまう現象もあります。
ナット状で固定されているものであっても、老朽化によって継ぎ目から水漏れが起きてしまう場合も多いものです。
次にタンク内に不具合が起きている可能性も高い傾向にあります。
ボールタップが破損している場合、浮き球に穴があいている場合、フロートバルブが劣化している場合も多く、各パーツが劣化している状態では、水が止まらずに水漏れを起こしてしまうことがあります。
専門業者に依頼した場合では、タンク内を見てもらった場合では、その原因を直ぐに把握してもらうことができるので、難なくトイレ修理を済ませることができます。
その結果として水漏れの原因となっているパーツ類を新品に交換してもらうことができるので、再び新しい状態でトイレを使い続けることを可能にしています。
管に穴があいてしまっていることが原因になっている場合もあるので、判断が難しい場合ではやはり専門業者に依頼をすることが最も良い方法です。

自分で修理が出来るか?

トイレタンクで発生してしまっている水漏れの現象に関しては、人によっては自己修理を行うことを検討される場合も見られます。
このケースでは対応できる場合と対応が難しい場合に分けることができるので、DIYなどで修理を行うことを検討している場合では、その状態を見極めることが必要です。
例えばボールチェーンが外れてしまっている場合では、タンク内で簡単に修理を行うことができます。
フロートバルブに異物が挟まっていることが原因になっている場合では、異物を除去する方法で簡単にトイレ修理を済ませることもできます。
浮き球が劣化している場合では、同じ規格のものと交換する方法もあり、比較的簡単に直すことができます。
一方でボールタップ周辺の破損や全体的な老朽化、給水管にできた穴などが原因の場合では、自己修理を行うことが難しい内容に分類することができるので、このような場所が原因であれば、トイレ修理を得意としている専門業者にお願いをする方法で解決することができます。


専門業者さんに修理を依頼するなら
トイレ修理なら名古屋にある水廻り東海